購入した枕が高すぎた・・・低すぎた・・・という時の調整方法は?

購入した枕が高すぎた・・・低すぎた・・・という時の調整方法は?

購入した枕が高すぎた・・・低すぎた・・・という時の調整方法は?

せっかく通販で買った枕、楽しみにしていたのに使ってみたら

 

自分には高すぎて寝にくい・・・

 

低くてなんだか気持ち悪い・・・

 

「あぁ、買いなおさないと・・・」

 

という方、ちょっと待ってください!

 

 

枕が高すぎる、低すぎる時でも実は簡単に調整できる方法がいくつかあります。

 

 

枕が高すぎる時の調整方法

 

枕が高すぎた場合は低くすればいいのですが、なかなかそうもいきません。

 

簡単に出来るいくつかの方法を紹介します。

 

■テンピュール枕(オリジナルネックピロー・ミレニアムネックピローの場合は片側が高くて片側が低くなっています。

 

単純にこの向きを入れ替えると思ったより眠りやすくなったりします。

 

■仰向けで寝る方なら肩の下にバスタオルなどを敷いて肩の高さを少し上げてみる。

 

肩の高さを上げることで首や頭との高さが変わりますのでこの方法でも解決できます。
ただし、寝相の悪い肩はちょっと微妙ですね。

 

■室温を高めにしてみる。

 

テンピュールの素材は温度が下がると固くなる性質があるようです。
やわらかくすることで頭の位置が少し下に下がるので調整ができますね。

 

 

枕が低すぎる時の調整方法

 

■枕の下にバスタオルなどを強いてみる

 

低いと感じる場合の解決策は簡単ですね。ほとんどこれで解決しちゃいます。
他にも枕カバーを二枚にする、というのもありますが、なんだかごわごわする感じなので下にタオルを敷くのが一番手っ取り早いですね。

 

 

 

 

枕選びって寝具の中でもないがしろになりがちなところです。

 

ベッドや布団は慎重に選ぶ方も多いですが、枕は布団とセットで購入したもの、っていう方も多いのではないでしょうか?

 

 

実は枕の高さで体調や睡眠の質まで変わってくるのです。

 

テンピュール枕の特徴としては他の枕よりも沈み込む深さが少ないので低めの枕を選ぶほうがあとあとの調整も楽ですね。