3.テンピュール枕にもいろいろサイズや種類があるけど?

3.テンピュール枕にもいろいろサイズや種類があるけど?

3.テンピュール枕にもいろいろサイズや種類があるけど?

テンピュール枕に決めたはいいのですが、ここからが実は大変でした。

 

 

なんと、テンピュール枕とはいえ種類がかなり豊富にあるのです。

 

 

テンピュール枕の種類

 

大きく分けると「クラシックコンフォート」と「エルゴノミックサポート」という2種類。

 

■ クラシックコンフォート ■ エルゴノミックサポート

 


一般的な「枕の形」をしているタイプです。
正直、テンピュールって聞いたことはありましたが、普通の枕の形の枕(ややこしい)も有るのは知りませんでした。
この「普通の枕の形」だと、どんな寝姿勢でも対応しているようです。

 


いわゆる「テンピュール枕」という形を含め、変わった形をした枕です。
オンブラシオピローという面白い形もあるのですが、このタイプはうつ伏せで寝ても呼吸がしやすかったり、背中に負担がかからなかったりするように設計されているみたいです。

 

 

正直、この形ではほとんど迷うことはありませんでした。。

 

テンピュールと言えばこれでしょ!

 

っていうのが「オリジナルネックピロー」なので、これにしました。

 

ミレニアムネックピローもちょっと選択肢に入りましたが、やはりちょっと高額なので、テンピュール初心者らしくスタンダードにしておきました。

 

 

テンピュール枕のサイズ

 

次に悩んだのがサイズです。

 

「大は小をかねる」というくらいですので、Lサイズにしようかと安易に考えていました。

 

ただ、調べてみると

 

■ テンピュール枕は大きければいいわけではない!

 

という事実がわかりました。

 

まぁ、当たり前なんでしょうけどね 笑

 

 

枕の選び方の基本

 

寝る姿勢や体格によってサイズや高さを選ぶことが重要。

 

さらに、好みの高さは人によって違うみたいなので実際に寝てみてというのが一番のようです。

 

テンピュール枕の場合は一般的な選び方は

 

・平均的な体格の女性はS
 
・平均的な体格の男性の場合はM

 

それを基準にしてXSやLを選ぶのがいいようです。

 

 

我が家の場合は、私と妻の身長がほとんど変わらないのでMを選ぶことにしました。

 

 

 

どちらかと言えば大きいよりも小さいほうがいい!?

 

枕の場合は「頭の大きさ」「寝たときの首の高さ」などが基本になるようなのですが、いろいろ読んでいると

 

・高さが高いものは調整が難しいけど、低いものは下にタオルなどを敷いて調整する

 

という一文を見つけて、

 

確かにその通りだ!

 

と納得したので「テンピュール枕のMサイズ」に決定しました。

 

 

⇒ 次の記事 4.テンピュールの評判とか口コミってどうなんだ?